マスコミの報道について

皆さんこんにちは。
先日、接骨院(整骨院)についての厳しい意見が
某局(全国区)で放映されました。
当院にて、患者様からその話を伺った際
非常に悲しい気持ちになりました。
国家資格取得までの道のり。
言葉で語りつくせない精進がそこにはあります。
学科・実習のカリキュラムは多く、
試験は寝る間を惜しむくらいの気持ちがないと
単位を落としてしまいます。
ましてや働いて学費を稼ぎながら、修行しながらだと尚更です。
かくいう私も勤労学生をしながら苦労を重ねた1人です。
だからこの資格に私の努力の全てが込められていると言っても
過言ではありません。
だからこそ。
学生時分に学んだこと、そして現場で患者様から
学んだことを通じて免許も自分の心も磨かれると思っています。
患者様と接するたびに
「傷病の状況とそれに関する説明ができているか?」
「施術する意義が患者様に伝わっているか?」
ということを常に意識するようにしています。
接骨院(整骨院)に対する誤解や偏見が解けることを信じて、
今は我慢と精進のときと思っています。
今宵は中秋の名月。
一点の曇りない満月のように明るく澄んだ気持ちを
この地域で評価されることを目標に
スタッフ一同と気持ちを一つにして進んでいくつもりです。
本日もご拝読ありがとうございました。
優鍼灸接骨院 松本でした。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる