病院での診断の重要性について①

病院での診断の重要性について

以前お話させていただきました、交通事故に遭い自賠責保険等で補償を受けるには、病院での診断書の発行が必要となります。

しかし、事故日から病院へ行き診断を受けるまでの期間が開いてしまうと、補償を受けられなくなることがあります。

実際に発生した事例を元にご説明させていただきます。

その方は交通事故の被害に遭い、そのまま救急搬送で病院には行き診断を受けました。その後、仕事の都合や痛みを我慢してしまい1ヶ月以上医療機関へは通院しませんでした。

しかし症状は良くなる事は無く痛みが酷くなり耐えられなくなったため、救急搬送された病院とは別の病院へ診察へ行きました。

するとその病院では、【現在の痛みは1ヶ月前の事故とは関係ない】と診断されてしまったのです。その病院の見解としては、その事故の怪我が1ヶ月も続くはずがない。という事だったのでしょう。

こういった診断を病院で下されてしまうと交通事故保険会社の担当者は、保険会社にとって有利になる診断を優先してしまう為、

【現在の痛みは1ヶ月前の事故とは関係ない】=【1ヶ月前の事故での怪我は治った】

と判断してしまい交通事故での補償を拒否してしまう事があるのです。

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる