むちうち症とは①

交通事故にあうと高確率で発生してしまう『むちうち症』についてお話します。

外からの衝撃(外力)によって首周辺の軟部組織(筋肉・靭帯・神経・関節含むなどなど)が損傷される症状を総称して『むちうち』と言います。

医学的な正式名は「外傷性頚部症候群」といい、病院での診断名は「頚部捻挫」と診断されます。

交通事故によって『むちうち』が発生しやすい理由は、

①人間の頭が重たい
②頭を首の筋肉だけで支えている

この二点にあります。

人間の頭の重さは、体重の10分の1あると言われています。
50キロの方でも5キロです。

5キロの米袋を首の上に乗せているとイメージした場合、考えると負担が掛かる事は想像できるかと思います。

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる