保険会社との連絡・交渉について⑥

交通事故での治療期間というものはある程度定められており、大きな怪我であっても約1年以内には、【治った】もしくは【後遺症が残った】と結論付ける必要があります。(むちうちであれば1ヶ月~数ヶ月の事もあります)

治療内容に納得のいかないまま1つの医療機関に通院したが良くならなかった場合、定められた期間が過ぎてしまうと以降の通院は事故の補償外となり加害者が自腹で通院しなければいけなくなります。

その為、事故に遭った時は治療を受ける医療機関というものはしっかりと選ぶ必要があります。

接骨院や整骨院は通院が容易であるだけではなく、交通事故のような急性の外傷「捻挫」「挫傷」「打撲」を専門に勉強をしたスペシャリストです。

当院に来院された患者様で、(仕事上、通院タイミングが合わない事もあり)整形外科ではなかなか良くならなかったけれど、当院へ定期的に通院するようになり回復したという患者様の声はとても多いです。

交通事故での怪我は、受傷後3カ月間に十分な治療をする事で後遺障害を残すことなく完治できる確率が高まります。当院にお任せ下さい。

その他、交通事故での疑問や不安のあるときにも、是非ご相談ください。
当院は被害者の味方に立って全力で対応いたします!

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる