足のセルフチェック

これから、少しずつ暖かくなり外に出かける機会が多くなります。
歩く事が多くなると大切なのは、自分にあった靴を履いているか?です。

合わない靴は足のトラブルの元になります。
元気に歩き続けるために、足のセルフチェックをしましょう!

~チェック項目~

◇親指の付け根が痛い、または、足裏の人差し指と中指周辺にタコがある

外反母趾の前兆かもしれません。靴や靴下で指先を圧迫しない事が大切です。
また、裸足で歩くなど足裏を刺激し、筋肉をつけて予防する事がオススメです。

◇土踏まずがない(偏平足)

運動不足などが土踏まずの周囲にある筋肉を使わないことが主な原因です。
高齢になると足裏に痛みが出やすくなるので要注意。

つま先立ちなどで足裏の筋肉を鍛えましょう!

◇指が「く」の時に曲がっている(ハンマートゥ)

指先がつまった小さい靴や指先に負担がかかる高いヒールを長期にわたり履くことでおこります。高齢になるとつま先の痛みで歩けなくなることも。

指を曲げたり、指と指の間を開いたり、ストレッチで改善しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる