リフレクターウェアってご存知ですか?

秋~冬にかけては、日没時の交通事故が多発していることを前回ご紹介させていt抱きました。

車の運転者はもちろん、早めのライト点灯、細い生活道路などでの飛び出しや視界不良による誤認を防ぐ努力が必要です。

しかし歩行者・自転車側にも交通事故に遭わないための対策が必要となってきます。

対策で効果があるのが「反射板」を身に付けること・自転車に装着することです。

この話を友人にすると、
「ウォーキングの時などならよいが通勤などでは反射板は恥ずかしい」などという反応が返ってきました。

そこでリフレクターウェアというものをご紹介することも多々あります。

リフレクターウエアとは
再帰性反射(光が光源方向に反射する特性)機能を持つ素材が直接生地に織り込まれ、又は貼り付けられたもので、夜間、運転手からの視認性に優れた衣類です。

見た目は普通のウェアのものも多くあり、光が当たることにより光源方向に反射するのです。
また、ニット帽などのアイテムとして着用できるものも販売されています
秋~冬は日没が早く、早い時間から見通しが悪くなることから、交通事故に巻き込まれる危険性も高くなります。

通勤やお出かけ時に安全対策として取り入れてみるのはいかがでしょうか?

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる