保険会社の治療費の打ち切りについて④

治療費を打ち切りにするその他の理由には、治療費負担の部分だけではなく、治療期間や通院日数によって計算される傷害慰謝料の負担が関係しています。

治療期間が長くなってしまうとそれだけ保険会社の負担は大きくなるので、できる限り早く治療を終わらせてほしいという考えもあるのです。

繰り返しになりますが、交通事故による怪我は、
【被害者様が選んだ医療機関で】【症状が完治するまで通院を続ける】権利が認められています。

保険会社から治療費の打ち切りと言われた際にも、それを鵜呑みにするのではなくしっかり権利を主張する事で治療を継続する事が出来ます。

一番大切なのは、『後遺症を残すことなく元通りの生活を取り戻す』ことですので是非知っておいていただきたいと思います。

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる