交通事故に遭った時にまずする事は?②

しかし、その申請の際に必要になるのは【本当に事故をしたか?】という証明です。
その証明をしてくれるのが、そう警察です
自分ひとりで事故をしたという事にして保険を請求しても受理されませんし、警察に事故をしたという記録が無ければ、下手をすれば詐欺罪に問われてしまいます。

例えば、当て逃げであっても、警察を呼び事故の状況を伝え事故に遭ったという届出を受理してもらいましょう。そうする事で、当て逃げであっても「自動車損害賠償保障法」によって保険金を被害者が独自で請求できる「政府保障事業制度」があります。
当て逃げの際は、相手のナンバーを覚えている事がベストですが覚えていなくてもこういった制度を使う事が出来ます。

その為には、まずその事故が本当に発生したという警察の証明が必要になるわけです。

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる