頭部の障害について:脳震盪

交通事故で起こる障害の中で最も深刻なのが頭部の障害です。
強い衝撃は頭蓋骨など表面部分だけでなく、内部の脳本体にも影響を及ぼします。
これにより頭蓋内 出血や脳挫傷など危険な疾患を発症するのです。また、頭部の障害は重篤な症状だけでなく、後遺症を残す可能性が高い障害です。
脳へのダメージを最小限に抑 えるには、早期発見・治療が何より重要になりますので、適切な対処が取れるよう準備をしておきましょう。

今回は脳震盪についてです。
交通事故だけでなく、スポーツをしていても起こすことがありますよね?
いざというときのために知っておいて損はありませんよ。

◆脳震盪の症状

脳震盪は脳に衝撃を受けることで起こる軽い意識障害を意味します。
軽い意識障害とは、脳内出血がなく、また比較的短時間で回復する症状です。

何故、このような意識障害が起こるのか、その明確な理由は今現在も解明されていません。
しかし、脳は人が人らしく活動するために欠かせない器官あるのは事実です。
なるべく脳に衝撃を与えないよう注意しましょう。

主な症状は意識障害です。一言に意識障害といっても様々な症状、程度がありますが、一般にはぼーとする、失神、記憶が飛ぶなどの症状が考えられます。
また、意識障害と共に頭痛や吐き気、耳鳴りなどの症状が起こることもあります。

◆原因

実は脳震盪を起す原因は今現在も解明されておりません。

ただし近年は、衝撃により脳内の血管が引っ張られることが原因だと言われるようになりました。

脳は頭蓋骨の中の脳脊髄液という液体の中に浮くように存在しています。
このため、頭部に衝撃が加わると、頭蓋骨の動きに脳が遅れて付いてくるため脳と頭蓋骨の間に大きなスペースが生じ、同時に脳と頭蓋骨を繋いでいる血管が引っ張られる形となり脳震盪を起してしまうのです。

当院は交通事故治療を得意としています。

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる