交通事故の原因として考えられること

今回は「交通事故」はなぜ起きたのか?
原因ってなんだろう?
…など
よく耳にする事例をご紹介させていただきます。

・運転中の携帯電話の使用やカーナビの操作をしていた。

・睡眠不足などによる体調不良や風邪薬等を飲んで運転していた。
 当然集中力もなくなり、催眠効果などから居眠り運転につながります。
 一瞬の居眠りが何十メートルも進んでしまう事からその間に交通事故を引き起こしやすくなりますね。

・時間に余裕がないなどで急いでしまい、スピードの出しすぎ、一旦停止違反や信号無視などが多くなり、その結果交通事故を起こしてしまった。

・体調を万全ではなかった。

事故を起こしやすいのは
日没・早朝などの薄暗い時間帯が多いようですね。

薄暗いと歩行者や車が見えにくくなるのと、帰宅のラッシュ時間と重なり、交通量が増えることも交通事故の大きな原因となります。
ライトの点灯を早めにするなどの対策を心掛けると交通事故防止につながるでしょう。

深夜・早朝などの車の少ない時間帯ではスピードの出しすぎから起こる交通事故があります。
信号機のない交差点や見通しの悪いカーブなどが一般的に多くなっています。

身近なところにも起きやすい場所がありますので、見通しの悪いところでは、必ず一旦停止・徐行運転を心掛けてくださいね。

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる