交通事故にあったら

相手が何て言おうが、事故の大小に関わらず、警察への連絡は必ずしてください。
無免許かもしれない、飲酒しているかもしれない…

警察へ事故の届出をしないと、自賠責保険や任意保険が支払われないことがあります。その場で示談などせず、警察・保険会社へ連絡しましょう。
絶対してはいけないことは、その場での示談と念書等を書いてしまうことです。示談をしてしまうと、後で何かあったとき損害賠償が請求できなくなってしまう可能性がありますし、念書等で相手の言うがままに「自分が一方的に悪い」といった感じの文章を書いてしまうと、後々取り返しのつかないことにもなりかねません。これだけはされることの無いよう注意してくださいね。
そして、加害者の氏名、住所、連絡先、強制保険の保険会社、任意保険の保険会社、車のナンバーは確認するようにしてください。

保険会社への連絡後よく聞かれることがあるのですが…
「整骨院や鍼灸院での治療は保険料を支払えません」という保険会社もあるそうです。そんなことはありませんのでいつでもご相談ください。

当院は交通事故治療を得意としています。

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる