自転車同士の事故にTSマーク!

最近、自転車同士の事故や自転車の歩行者の事故が非常に多くなっています。

特に自転車社会の大阪。

一時期は『自転車は車道を走りましょう』という呼びかけに従い、自転車は車道を走る流れになりつつありましたが、警察もそこまで厳しく注意することも無くなり。

最近では以前のように歩道を我もの顔で走行しています。

街中を歩いていると良く目撃するのが、

・ベビーカーを押すお母さんの横を通過する自転車

・杖や押し車を押した高齢者の横を通過する自転車

・集団登校している小学生の横を通過する自転車

特に大阪はマナーの悪い方が多いように思います。
もしこれをご覧になった、自転車愛好家の方はマナーの確認をお願いします。

自転車に乗られる方は、『TSマーク』というものをご存知ですか?
自動車で言う任意保険のようなもので、万が一の事故の際に補償が発生します。

『自転車安全整備士』という資格をもった整備士が自転車を点検し安全性を認められた場合にTSマークの加入を認められるそうです。

詳細はコチラをご覧下さい
公益財団法人 日本交通管理技術協会

もちろん、このマークがついているから無謀な運転をしていいというわけではありません

自転車も自動車もマナーを守って、事故ゼロの社会にしたいですね!

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる