交通事故を起こした時にするべきことは??③

⑥病院へ行き診察・診断書をもらう
警察の事故処理が終わり、故障車の処理手配が済んだら、病院へ行きましょう。
病院へ行くタイミングは事故当日が望ましいです。

どうしても行けない場合は、遅くても1週間以内には通院しなければいけません。
救急病院・総合病院・個人病院どこでもかまいません(出先での事故であれば出先の地域の病院でもOKです)

病院に行った際は、
①事故によって痛みが出た箇所を全て伝え、しっかりと診察してもらいましょう。
初回の診察がとても重要で事故による後遺症を残さない為にも気になる所はすべて伝えます(問診表にも詳細に記載します)

②診察を受けたら診断書を発行してもらいましょう(その際、痛むところが全部記載されているか確認します)

重要なポイント:この診断書に記載されている身体の場所が、今後の治療が受けられる箇所になります。例えば、首と腰が事故で痛くなったのに診断書には首とのみ書かれていた場合、どれだけ痛みがあっても腰の治療を受ける事は出来ません。

⑦警察の事故証明書を発行してもらう
自賠責保険も任意保険を使用するには警察への届出が必要です。
人身事故は、死傷者が発生している事故ですから、病院にで発行してもらった診断書を警察に提出しなければいけません。どうして時間が無い場合は、ひとまず電話をして、後日警察署に行くことも可能です。

発行の手続きは、こちらをご覧下さい。
http://www.jsdc.or.jp/certificate/accident/

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる