エネルギー

皆さんこんにちは。

人間が動く源、エネルギー。

このエネルギー代謝の中心がブドウ糖なのは
ご存知のことと思います。

血液中のブドウ糖濃度を「血糖値」といいます。

低くなりすぎると生命維持の危機となるので、
血糖値は常に一定の範囲内に守られます。

運動時には筋肉内でブドウ糖の利用が激しくなるので、
筋肉中のグリコーゲンを利用し始めます。

更に足りなくなると、血糖を利用し始めるのです。

血糖は、先にも述べたように血液中に一定量なくては
ならないので、この間は肝臓が蓄えたグリコーゲンを
ブドウ糖に分解したり、アミノ酸や乳酸をブドウ糖に作り
変えたりして血糖を一定の範囲に維持します。

だから酒好きの皆さん、この時期だからこそ
肝臓に労わりの目を向けて下さい。

本日もご拝読ありがとうございます。

優鍼灸接骨院 松本でした。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる