外傷の時には

皆さんこんにちは。

秋になると、国体を始めとした大小おりまぜて様々な
大会が開催される季節の到来です。

この時期には、当然外傷性の傷病が増える季節でもあります。

主に骨折は手首や手指におきやすく、
脱臼に関しては肩におきやすいといった具合です。

症例的には、サッカー・ラグビー・バレーボールなどの
接触性の球技や格闘技が代表的です。

もちろん簡単に骨折・脱臼が起こる前に靭帯などが損傷を受けます。

筋肉と並んで靭帯は関節における支持機構に一役買っています。

したがって腫れがひどくても靭帯損傷(あるいは断裂)由来の
損傷でとどまる場合もあるのです。

いずれにせよまずは冷却処置が要です。

先日も当院の患者様で、ママさんバレーをされている患者様が、
試合中に足首を捻って急患で来院されました。

しかし、足首を氷嚢でしっかりと冷やしておられたため、
当院にて固定処置のみ施し、レントゲン撮像を依頼しました。

心得のあるチームメイトが言った言葉
「向こうの救護班はテーピングも満足にできなかったから、
優に連れて来ました」

無言の重圧がかかる中、固定処置を施したのですが…
久しぶりに汗をかきました。

確かに社会人スポーツをされておられる方には、
我々よりも「はるかに」上手な方もいらっしゃいますから。

チームメイトのOKが出た時には、思わず苦笑い…。

久しぶりに良い勉強をさせて頂いた1日でした。

本日もご拝読ありがとうございました。

優鍼灸接骨院 松本でした。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる