湿気の影響③

またまた、梅雨の中休みですね。洗濯もできるし助かりますね

ここ2日間程はすこーし湿気がましな気がしますが、曇ってきて雨雲が近づくとたちまち湿度は上昇してしまいそうですね

○湿気による関節痛

膝や腰の痛みは雨降り前や湿度が高いときにひどくなることが多いようです。
これは関節の中に関節包という関節液を包む膜があり、低気圧が張り出すと関節液が膨張して関節包を引き伸ばすことで痛みを生じます。
これは雨降り前にまず起こる現象です。

次に、雨が降り空気中の湿気が上昇すると、呼吸と共に水分が体内へと入り込み体内の水分量を増加させます。その結果、体内組織が膨張してしまい(むくみ)⇒『関節を動かしにくい』『曲げると痛い』といった症状を引き起こしてしまうのです。

また、「水を飲むだけで太るんです」と言われる方も多いのですが、実際に「水太り」という太り方はないのだそうです。水にはカロリーがなく太る要因がありません。

これは水を飲むだけで太るのではなく、実は糖分が体の中に水を溜めてしまうのです。糖分を控えることもむくみの予防につながります。お菓子・果物に限らず、ビールや日本酒も糖分が多いのでお気を付け下さいね

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる