食材が体にもたらす効果とは?

こんにちは!
今日は夕方からは降水確率50%だそうですよ。
洗濯物の取り込むタイミングをお間違えないように

毎日暑い日が続きますね。
日々の食事に、酷暑を元気に過ごすための工夫を加えるのは、日本だけではありません。
例えば、中国の伝統医学である『中医学』によると、中国では体に働く作用によって食材を分類するそうです。

体の熱を冷ます食材としては、小麦・かわめ・かに・もやし・ごぼう・バナナ。

体に必要な水分を生み出す食材としては、梅・オクラ・アスパラガス・牛乳・桃があるそうです。

また、両方の働きを持ち、利尿作用がある食材では、トマト・豆腐・梨などがあり、体内の水分調整に最適な食材とされているそうです。

このような食材を、上手に取り込んで、夏バテに負けない体を作りましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる