12月に交通事故が多い理由7つ

❶貨物が多い
12月に交通事故が多い理由に貨物が多いことが挙げられます。
年末に向けて貨物がかなり増えることにより、トラックの台数も格段に増えます。
また配送会社等の場合、住宅街やオフィスビルの前に駐停車することも多くあります。
こういった理由により死角も増え交通事故の増加につながります。

❷暗くなる時間が早い
12月は作業量が増えるので、暗い時間まで仕事をしていることが多くなり、他の仕事のドライバーも忙しくしているので交通事故が起きやすくなります。
12月の暗い時間に仕事をする人は、いつもより早めにヘッドライトを点灯させて、作業ごとに決められた休憩時間を取ることで交通事故につながらないようにします。

❸積雪がある
12月は雪が降ることが多いので、路面の状態が悪くなり、運転がしづらくなり事故を起こしやすいです。
ニュースやネットで早めに積雪の情報を得ておき、早めにスタッドレスタイヤの装着を済ませておきましょう。

❹忙しい人が多い
12月は忙しい時期なので、焦りや疲れから運転手が運転に気を回せなかったり、歩行者も無理な横断をすることが多くなり交通事故が起きやすくなります。

❺車道が混むことが多い
車道が混むことも12月に交通事故が多い理由となっています。12月はトラックだけでなく、タクシーや乗用車の数が増えるため、車道が混むことで事故につながることが多いです。
混んでいる車道を避けて空いている道を走ったり、別ルートでの道を探しておきましょう。

❻疲れ・暖房による眠気
年末の多忙に加え、車内の暖房が強いことで、眠気を誘うことがあるので、運転のとき動作に勘違いを起こしやすくなり、交通事故につながることがあります。

❼歩行者が増える
末は仕事も忙しくなり、またイベントごとも増えるので外出の機会が増えるので、歩行者が多くなり、車と事故を起こしやすくなります。

この7つの理由をあたまにいれ
早めの出発・早めのライト点灯・早めの整備(スタットレスタイヤ等)で気持ちに余裕をもって運転を心がけるようにしましょう

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる