交通事故治療 完治していないのに保険を打ち切られるの?②

前回は保険業界のDMK136って?で保険業界の考え方などについて触れましたが

保険が打ち切りになってしまうケースその1
たとえば交通事故でむちうち症になってしまったとします。
「痛みはあるけど、忙しくてなかなか通院できない」
「痛みで仕事、私生活に支障があるが、我慢してしまっている」などで
週に1~2回ほどしか通院しなかったとします。
あるいは、整形外科などでは、経過を見るだけで「また1週間後に来てください」などの場合も多く
痛みを我慢したまま次の通院まで待っている・・・なんて方も多くいらっしゃいます。

こういう場合に、保険会社は、「軽度のむちうちだから長くても3ヶ月まで」と考える担当者も少なくありません
過度に通院をする必要はありませんが、
症状や、痛みに合わせて通院計画をたて、っちり治療を行うことで
早期の症状の改善とともに、
もし症状が長引いてしまったときの険会社への「通院実績」にもつながります。

病院、整形外科で1週間後・・・なんて言われたからといって我慢する必要はありません。
病院や整形外科に通っていても接骨院・整骨院にも通うことは可能です。

優接骨院では、交通事故治療の保険手続きの相談や、
交通事故治療専門のスタッフがカウンセリングを行い治療計画など
交通事故治療を完治までサポートしております。
またお仕事でお忙しいなどで通院がなかなかできない方のために
平日は夜9時まで、土曜日祝日も午後6時まで受け付けが可能です。

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる