交通事故治療◆国の保証事業

前回

交通事故治療◆健康保険や労災保険を使うべき時ってどんなとき?②
http://www.yuu-sekkotsuin.com/blog/2016/02/post-939.html

で、少しふれました
【国の保障事業】について書きます。

ひき逃げや、相手が自賠責に加入していないなどの交通事故の場合、
被害者に対して最低限の保障がなされるよう、国が設立した事業 があります。

自賠責保険が使えないような事故でも、
「 国土交通省」が被害者に対して受けた損害を
てん補 してくれます。そ
支払限度額は自賠責保険と同じです。

請求手続きは、各損害保険会社で行うことができます。

※ただし、事故が起きた日から 3 年で時効になるので
早めに請求しましょう。
時効になると残念ながら請求の権利は消滅してしまいます。

請求できるのは被害者のみです(加害者は請求不可です)
•時効中断制度はありません
•健康保険や労災保険の給付を受けた場合は、その金額を差し引かれます
•国が支払った金額は加害者に請求されます

また、請求の対象にならない場合もあります。
保障事業の対象とならないのは以下のような場合です。

•請求期限の 3 年を過ぎた時
•自動車の運行による死傷ではない時
•加害者に賠償責任が発生しない時
•自賠法で定める他人に当たらない時

等です。

ひき逃げや相手が自賠責に加入していないことがわかったら
すぐに損害保険会社にご相談いただくことをお勧めします。

当院は

平日8時まで受け付け!

土曜日・祝日も午後6時まで診療!
また交通事故専門家が交通事故後の治療、保険の相談などにも対応!!

交通事故について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる